福島などの被災地の野菜を積極的に使うと表明している企業 - 放射能から身を守る食情報

>>輸入食材の専門店<<

福島などの被災地の野菜を積極的に使うと表明している企業

サブウェイ
イオン
セブンイレブン
イトーヨーカドー
ゼンショーすき家
なか卯
ココス
ジョリーパスタ
はま寿司
牛庵
華屋与兵衛
エルトリート
ビッグボーイ
モスバーガー
てんや
サイゼリヤ
大戸屋
大阪王将
リンガーハット
マック

http://kokuzou.blog135.fc2.com/blog-entry-956.html
http://matome.naver.jp/odai/2130574221415995301

「私達企業は福島を風評被害から守りますよ、応援しますよ」という表れなのだろうと思います。上のお店を利用するか、しないかは、消費者の判断に任されることになります。

恐らく、企業も、福島野菜を積極的に使う企業と使わない企業とに二極化しているのと同じように、消費者についても、福島野菜を避ける人、積極的に買いに走る人と二極化するものと思われます。

積極的に買いに走る人というと語弊があるかもしれませんが、単に安いからという理由からだけでなく、福島の困っている人たちを助けたいという純粋な思いから、被災地の野菜などを積極的に購入している人も中にはいるという意味です。

2012-02-21 11:47 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 放射能から身を守る食情報 All Rights Reserved.
自動積み立て預金を利用する