全国にがれき処理をさせる目的 - 放射能から身を守る食情報

>>輸入食材の専門店<<

全国にがれき処理をさせる目的

髪からプルトニウム検出可能 髪を冷蔵保存して下さい!




日本政府は、多くの時間を掛け、子供たちの影響調査をホールボディーカウンターで行い、3500人が調査され、セシウム137の身体への影響データとして記録保存されます。

この理由として考えられるのが、日本政府は、法廷に提訴されることを想定して隠ぺい工作をしているのです。

福島の住民は、がん、白血病等の病気を発症するでしょう。彼らは、東電と政府を相手取り、裁判所に提訴するでしょう。

この提訴の為に、原発事故との因果関係の証拠が必要になります。これが問題です。昨日インタビュアーに話しましたが、証拠は隠ぺいされるでしょう。

セシウム137入りの瓦礫が、日本中にトラック輸送、処理される為です。全国の発がん率を調整し、福島と比較不能にする!

別の問題は政府・東電は、ホールボディ・カウンターの計測データを法廷に提出し「セシウムの量、放射線量は非常に低く、これでは発がんしない」法廷対策の為に、そのデータを取っているのです。

最も重要なことは、法廷に独立機関のデータを提出することです!誰かが、データを作り、将来の発がん問題の発生時に法廷提出用データの証拠として使用できるようにすることです。

問題の一つは、ホールボディーカウンターは、ガンマ線のセシウムしか計測できないことです。プルトニウム・ウラン・トリリウム・ストロンチウム90・ベリリウム140・カーボン40等は計測不能なのです。

もちろん、これは髪の毛を計測すれば検出可能です。そのため、NPO「福島の子供たちの為のフリストファー・バズビー基金」で、この検査を提供しております。

これが、今回の私から皆さんへのメッセージです。髪の毛をサンプルとして切り、プラスチック製のバッグに入れて、冷蔵庫に保存してください。

なぜなら、将来発病し、訴訟を起こしたいときにその因果関係の証拠がないからです。

そうです。プラスチック製のジップロック・バッグで、なるべくたくさんの髪の毛を入れ、日時、名前、紙が伸びた期間の居住場所を記載し、封をして冷蔵保管することです!




何だかすごいことをバズビー教授が語っていますね。

「セシウム137入りの瓦礫が、日本中にトラック輸送、処理されるのは、全国の発がん率を調整し、福島と比較不能にすることが目的」だとか。

バズビー教授の西日本に被災地の瓦礫処理させる話といい、この間の武田教授の話と言い、

「なにしろ福島や関東の野菜を売るために汚染されていない南の野菜を捨てさせているぐらいですから、何をやるか判りません」(武田教授)

汚染汚泥を肥料に使う話など。
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/405.html

こんなことをしたら、九州で採れた野菜なども汚染されてしまう。

日本国民を総被ばくさせるつもりか!

| `Д´|ノこらぁ!


大事なことは

マスゴミ報道は鵜呑みにしないこと
政府発表は信用しないこと
これは原発問題に限ったことではないことを知ること

印象操作にだまされないこと
誘導操作に引っかからないこと
自分の身は自分で守るしかないこと




バズビー教授の言った通りになってます^^;
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120827/trd12082711260006-n1.htm



この星は本当に酔狂な星ですよ(達観)
タグキーワード
2012-03-08 14:51 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 放射能から身を守る食情報 All Rights Reserved.
自動積み立て預金を利用する