副島隆彦 原発は危なくない! - 放射能から身を守る食情報

>>輸入食材の専門店<<

副島隆彦 原発は危なくない!

副島隆彦氏は原発は危なくないと叫んでいるようですね。

中矢伸一氏(宗教研究家)と協力して福島に『ホテル放射能』という健康ランドを建設する予定らしいです^^;

防護服もマスクもせずに、福島県双葉町にてガイガーカウンターで計測しています。

その数値は何と106.9μSv/h。

『この程度の放射能ぐらい どうと言うことはない。子供にも大丈夫。』とおっしゃっています。




[健康ランド]副島隆彦氏が『ホテル放射能』を建設する意向を表明

評論家の副島隆彦氏が10月18日、自身の公式サイトで福島県に、『宗教研究家の中矢伸一(なかやしんいち)氏らと協力して、「健康ランド」とか、「低線量の放射線は人体に良い影響を与える」ことの証明としての「ホテル 放射能」を建設』することを目指していると表明した。

副島氏らは、3月の原発事故の直後から、現地に入って活動を続け、『現在の福島程度の放射線量は 人間の体に害を与えない』『福島では、誰も死なない。こんな微量の放射能のせいで、発病して死ぬ者はひとりもいない。そのように断言します。』との立場で情報を発信し、危険性を説く武田邦彦、広瀬隆、小出裕章、児玉龍彦の各氏らを、『バカな恐怖症言論を撒(ま)き散らしている。』と厳しく批判している。

その中でも、5月3日に、福島県郡山市で対談し、それをまとめた本を出版した武邦氏に対して、『そのうち、 彼は、各方面の専門家たちから厳しい指弾を浴びて、消えていなくなるだろう。私も、そろそろ、この男の 扇動言論と、確信犯としての犯罪者体質が、 腹(はら)に据(す)えかねるようになってきた。』などと、特に手厳しく批判している。

2012-03-29_122550.jpg

[副島隆彦公式サイトより。福島県双葉町にて106.9μSv/hの数値を示す副島氏]

副島氏は政府が4月22日から福島第1原発の半径20km圏内を「警戒区域」に指定し、立ち入り禁止にするより前に、福島原発周辺に足を運び、自らガイガーカウンターで放射線量を計測。高い放射線量が出ていたが、「大丈夫」と安全宣言。

副島氏は、『この程度の放射能ぐらい どうと言うことはない。子供にも大丈夫。』と考えているといい、国が「警戒区域」に指定した件に関し、『住民でさえ立ち入れない完全封鎖区域にしたのは、国民の財産権の侵害(憲法29条違反)』であると批判している。

http://merx.me/archives/13232

タグキーワード
2012-03-09 14:48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 放射能から身を守る食情報 All Rights Reserved.
自動積み立て預金を利用する