太平洋 魚 放射能に注意! - 放射能から身を守る食情報

>>輸入食材の専門店<<

太平洋 魚 放射能に注意!

魚の放射能汚染が気になるところです。

太平洋の魚の放射能汚染は酷いので気を付けるよう中部大学の武田教授が注意を喚起していましたよね。

東京湾の魚が放射能が酷いので駄目なのか?
千葉の魚が放射能が酷いので駄目なのか?
茨城の魚が放射能が酷いので駄目なのか?
静岡の魚が放射能が酷いので駄目なのか?

太平洋の魚と言っても範囲が広すぎるので、どこからどこまでの魚に気を付ければいいのか、このブログでは明らかにしてみようと思います。

2012-03-19_124538.jpg




日本列島は太平洋岸を暖流の@黒潮が北上しています。日本海側はA対馬海流です。南から北に向かう海流なので放射能汚染の心配はほぼないでしょう。

これに対して、寒流は北から南に流れます。北太平洋やオホーツク海からはB千島海流(親潮)が南下しています。

この海流の流れからみれば九州、中国地方、四国、日本海、瀬戸内海、北海道産の魚は、現時点では放射能については安全とみてよいのではないのでしょうか。

海流から読むと注意すべきは福島原発より南の太平洋側で静岡あたりまででしょうね。

安全そうな魚屋さんはコチラ

九州、沖縄、日本海の魚屋さん一覧
タグキーワード
2012-03-19 12:52 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 放射能から身を守る食情報 All Rights Reserved.
自動積み立て預金を利用する