粉ミルク 放射能 - 放射能から身を守る食情報

>>輸入食材の専門店<<

粉ミルク 放射能


2011-12-08_111626.jpg

専門家 “製造管理厳しく”

粉ミルクから1キログラム当たり最大で30.8ベクレルの放射性セシウムが検出されたことについて、食品の安全に詳しい国立医薬品食品衛生研究所の松田りえ子食品部長は「今回検出された値は国の暫定基準値を下回っているうえ、粉ミルクは7倍くらいに薄めて飲むので、赤ちゃんの健康への影響を心配する必要はないと思う。ただ、メーカー側が公表したように、大気中の放射性セシウムが入り込んだのだとすると、空気中の微粒子が製造過程で混入したことを意味している。放射性物質については想定外だったとしても、外部から空気を取り入れる吸気口に微粒子の侵入を防ぐ目の細かいフィルターを設置するなど、管理態勢をもう少し厳しくしておくべきだったのではないか」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111206/k10014449881000.html



「今回検出された値は国の暫定基準値を下回っているうえ、粉ミルクは7倍くらいに薄めて飲むので、赤ちゃんの健康への影響を心配する必要はないと思う。」
どこの国の専門家さんがこんなことを言うのでしょうか!

例によってマスゴミ報道では、どこの放送局も「基準値を下回っているので問題ない」を連呼しています。こんな報道を聞いて安心しないようにしましょう。日本の基準値は200ベクレルととんでもなく高い基準値が設定されているのです。ちなみにWHO基準値は10ベクレルですね。何と20倍です。

粉ミルクだけの乳幼児にとっては、危険なことこの上ないです。他の食べ物に逃げることができないからです。

安全そうな粉ミルク

輸入粉ミルク一覧
タグキーワード
2012-03-20 14:22 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 放射能から身を守る食情報 All Rights Reserved.
自動積み立て預金を利用する