室内除染 - 放射能から身を守る食情報

>>輸入食材の専門店<<

室内除染

船瀬俊介著 放射能生活の注意事項から


◆掃除機より水拭き掃除がベター

放射能はチリとして室内にも侵入しています。チリはミクロのホコリですから、ふつうのお掃除で放射能のチリもある程度、家から追い出すことができます。

まず、ゴーグル、マスク、髪をおおう帽子などでお掃除スタイルを整えましょう。ゴム手袋と靴下は欠かせません。

使うのはできるだけ多くのぞうきんと水道水。

反対に使わないのは、掃除機(ミクロのチリは漏れてしまいます)、はたき(チリが室内に拡散します)、バケツ(ぞうきん洗いは蛇口で流します)です。

まずは水拭きそうじから。水拭きのぞうきんは、ゆるめに絞ります。ぞうきんが汚れたら、そこに放射能のチリもくっついています。蛇口の流水でぞうきんを洗い流します。汚れが落ちにくくなったら、そのぞうきんは捨てましょう。

◆「だんだん下へ」が原則

掃除は高いところから始めて、床で終えるようにしましょう。
天井→壁→床の順番で、放射能をだんだん下に落としていって、最後にぞうきんですべてを拭い去るというイメージをしてください。

@玄関・・・放射性物質が集まりやすいので定期的に水拭きで掃除します。
A網戸・・・外して、ホースで水をかけて洗い流します。
Bエアコン・・・フィルターのほこりは放射能のチリだと考えて、こまめに掃除しましょう。
Cカーテンレールの上・・・ほこり(チリ)がたまりやすい。
Dカーテン・・・お洗濯してさっぱりさせます。

掃除の仕上げとして、米とぎ汁乳酸菌を部屋全体にスプレーで噴霧しておきましょう。

こうして掃除が終わったら、仕上げにあなた自身を掃除してください。

「うがいをする」→「シャワーを浴びる」→「着ていた衣類は洗濯する」

洗濯物を外に干した際に放射能が気になる方もいることでしょう。その場合は、着たときに「米のとぎ汁乳酸菌」を全身にスプレーすれば、肺にも入り、一挙両得です。



飯山一郎式は部屋の除染に掃除機を使わずに水拭きするというところがミソでしょうか。

しかし、最近の最新式掃除機などは、ミクロの目に見えないチリなども捕獲しますよね。さらにカラ拭き機能に、部屋の空気まできれいにしてくれるプラズマクラスター搭載のものまで。

最新式の掃除機が一台あれば、もしかしたら事足りるのかも。
タグキーワード
2012-03-28 13:26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 放射能から身を守る食情報 All Rights Reserved.
自動積み立て預金を利用する