りんごペクチン 放射能 - 放射能から身を守る食情報

>>輸入食材の専門店<<

りんごペクチン 放射能

船瀬俊介著 放射能生活の注意事項から


セシウムをどんどん排毒するリンゴ繊維

◆食事にペクチン2グラム添加すると・・・

「アップルペクチンが子供たちを救ってくれるかもしれない」と、田澤賢治・富山医科薬科大学名誉教授は力説します。

ペクチンとは多糖類の食物繊維で果物などに多く含まれています。繊維質ですから腸内をきれいに掃除してくれます。体内に取り込まれた放射性物質セシウムを吸着して、体外に排泄してくれるのです。

約30年間、大腸ガン防止のためリンゴに含まれるペクチン研究に没頭してきた、食物繊維の権威・田澤教授は09年、旧ソ連、ベラルーシで発表された論文に注目します。

ベラルーシはチェルノブイリ原発事故で深刻な放射能汚染に襲われた地域として知られます。同国、ペルラド研究所が01年、内部被ばくした615人の子供たちを対象に行った実験報告です。

りんごペクチン(2グラム)を添加した食事(1日分)を3週間食べさせたグループと、与えていないグループの子供たちの体内のセシウムの量を比較。未摂取の子供の体内セシウム量は平均13.9%減少だったのに、摂取した子供は、なんと63.6%も体外に排出されていました。

体内からセシウム半分が排毒された期間を比べると、摂取グループは27日で半減しているのに対して未摂取組は約2.5倍、69日もかかっています。

01〜03年にかけて、1400人を対象に、同じ追試が行われました。結果はりんごペクチン摂取組に3〜5倍のセシウム排毒効果が証明されたのです。

◆リンゴを皮ごと食べてみよう!

ペクチンはアップルジュースの搾りカスに大量に含まれ、ジャム原料などに使われたり、精製された粉末が市販もされていますが、リンゴの繊維質ですから、リンゴを食べればいいのです。

200グラムのリンゴ1個の0.4〜1.6グラムのペクチン質が含まれます。1日に2個も食べれば十分。又、熱を通すとペクチンが増えます。

だから「電子レンジで熱して、アップルパイの中身のようにして食べることをおススメします。ペクチン質は皮と果肉の間に多いので皮ごと食べること。ただ市販ジュースでは効果が落ちます」と田澤教授。

食後のデザートとして工夫できれば、「美味しい放射能対策」になるでしょう。



りんごペクチン 作り方

1 りんごを縦に4つ割した後、5mm厚に切る。

2 少量の水を入れた鍋で潰れるくらい柔らかく似ます。

3 柔らかくなってジャムに似た状態になったら茶漉しに入れます。

4 スプーンの背で押して、下に落ちて来る液体がペクチンです。

りんごペクチンを作るときは安全な産地のりんごを選びましょう♪

九州産のりんごをお取り寄せできるところ
2012-03-29 12:39 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 放射能から身を守る食情報 All Rights Reserved.
自動積み立て預金を利用する