放射能を排出し、体質を強化する食品 - 放射能から身を守る食情報

>>輸入食材の専門店<<

放射能を排出し、体質を強化する食品

船瀬俊介著 放射能生活の注意事項から


玉川大学農学部の八並一寿准教授の研究によると、@放射性物質の排出A体質強化の2点から「被ばくへの効能」が期待できる食物をリストアップできるそうです。

これは国内外の研究論文を精査したもので信頼がおけます。
身の回りに意外に多くの「放射能排出食品」があることに驚きますよ。

@果物や野菜の繊維・・・多糖類の食物繊維・ペクチンは放射性物質に分子・イオン結合、吸着作用などで、体外に排毒してくれます。

Aカニ、エビなど甲殻類・・・甲殻成分キチン質が分解されたキトサンには、毒物への強力な結合作用と排毒作用があります。

B健康茶やハーブティー・・・タンニン系化合物を多く含みます。それは体内で毒物と強く結合して、体外に排出してしまうのです。

C昆布などの海藻類・・・海藻にはアルギン酸という繊維成分が大量に含まれ、毒物を吸着して排出する作用が確認されています。
また豊富なヨウ素成分は甲状腺への放射性ヨウ素を吸着・蓄積を防止します。

「除去機能食品」と「除染強化食品」

八並一寿准教授は、これら放射能の排出効果がみられる食品を「除去機能食品」として分類。それに対して、「放射能の人体への影響の低減が期待できる」食品を「除染強化食品」と分類しています。

たとえばウコン。その主成分クルクミンが「含有因子による耐性増強効果がある」というのです。これは、カレーの香辛料でもあり、黄色い成分がターメリックです。

カレーを食べることも、放射能への、耐性を強めてくれるのです。同じように緑茶、トマト、ビール、味噌も「耐性増強効果あり」と八並一寿准教授は評価しています。

では、なぜこれらの食品が、放射能に対する抵抗力を高めてくれるのでしょう?

「放射性物質が体内の水を分解した際に生じる活性酸素などが病気を誘発する一因」であり、これらの食品に共通するのは、活性酸素を生成を抑え、消去する成分が含まれているということなのです。



つまるところ放射線障害も、結局は活性酸素による「酸化」障害ですね。だからそれを除去できる食品がいいということなのでしょう。
タグキーワード
2012-04-04 12:21 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 放射能から身を守る食情報 All Rights Reserved.
自動積み立て預金を利用する