アップルペクチン 放射能 排泄 - 放射能から身を守る食情報

>>輸入食材の専門店<<

アップルペクチン 放射能 排泄

日本という国土に住んでいる限り、産地偽装やら瓦礫拡散などで、いくらこちら側で気を付けていても放射性物質を何らかの形で体に取り込んでしまうことになるのかもしれません。

ならば、それを排出しなくてはなりません。

後々に後悔しないためにも出来る努力はしておきましょう。

特に日本の未来のためには最善を尽くしておきたいですよね。

swissinfo.chからの引用です。


swissinfo.ch : 放射能汚染では放射性同位体のヨウ素131、セシウム137、キセノン133、クリプトン85ならびにストロンチウム、プルトニウム239が漏出します。どれも危険ですが、特に危険なものはどれですか。

ヴァルター : まず、危険度は半減期によって変わってくる。ヨウ素は8日間でほぼゼロになる。つまり、スイスの子どもたちにヨウ素剤を与えても意味がないと言える。さらに大人が服用すると逆効果になりかねない。

セシウムの半減期は30年なのでセシウム汚染は日本からスイスにまで行き渡るが、スイスでの危険度はごくわずかだ。セシウムはカリウムのように体内で代謝されるため、一回限りの摂取なら数カ月後にはなくなる。

ストロンチウムは体内に蓄積され、死ぬまで残る。ここでも人体への影響は半減期に左右される。ストロンチウムはカルシウムのように骨に蓄積されるため消えることはなく、骨髄は絶えずβ線の影響を受けることになる。子どもの骨髄は脂肪が少ないため、のちのち白血病になるリスクが大人よりも高い。

プルトニウムは一度体内に入ったら決して消えない。ごく微量の摂取でもがんを引き起こす。

swissinfo.ch : チェルノブイリの場合、子どもへの医療行為はどの程度可能でしたか。

ヴァルター : 普通なら子どもが甲状腺がんにかかることはない。事故前のウクライナでは住民5000万人に対し年間3人ほどだった。しかし、事故後1500人の子どもが甲状腺がんを患った。4000人という話もある。

それまでこうしたことはなかった。これはヨウ素131の影響だった。もし事故直後に政府が子どもたちに安定ヨウ素剤を与えていれば避けられただろう。当時の子どもたちに急性被曝があったとは思えない。

セシウムに関しては、ウクライナでは大人も子どもも食品から摂取している。それは今も変わらない。これに対してはりんごペクチン剤が服用されている。りんごペクチンは体内のセシウムの量を減らし、継続的なセシウムの摂取に対しても有効に働く。

http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=29799892



ウクライナでは、日本と同じように、大人から子供まで今でもセシウムを食品から摂取しています。それはそれで仕方がないことなのですが、その後にボディケアとしてりんごペクチン剤を服用して自分の体を守っています。

参考にしてみましょう。

りんごペクチン(アップルペクチン)の作り方

タグキーワード
2012-04-20 11:04 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 放射能から身を守る食情報 All Rights Reserved.
自動積み立て預金を利用する