放射能から身を守るすぐに実行できる生活上の5原則 - 放射能から身を守る食情報

>>輸入食材の専門店<<

放射能から身を守るすぐに実行できる生活上の5原則

1.玄米・・・発芽モードの玄米を摂る

洗ってすぐに炊くと胃を痛めてしまいます。胃がやられたら消化できなくなってしまいます。玄米は発芽させてから炊くようにしましょう。

2.味噌・・・味噌や漬物などの発酵食品を摂る

チェルノブイリ原発事故の時にも大量の味噌が日本から送られていたといいます。

3.塩・・・塩または海草でミネラルを摂る

多くのミネラルが含まれている自然塩です。梅干しを食べることが一番です。

4.砂糖・・・精製した白砂糖、添加物、農薬を避ける

大量の砂糖消費の過程で骨のカルシウムが脱落していくのです。
カルシウムが少なくなっていくと、その分、放射性物質を取り込みやすくなります。
秋月医師も砂糖だけは絶対にとってはいけないと言っていましたね。



5.動物性たんぱく・・・肉、牛乳は摂らない

アメリカのマクガバン・レポートでは、癌の原因は肉の摂りすぎの方が化学物質よりも大きい、というものです。放射能被爆によって病気が進行して発病する病気の中心は、癌です。すなわち、癌の発病が少なくなる食事は、放射能の被害からも守られるということです。

参考書籍 放射能汚染から命を守る最強の知恵
タグキーワード
2012-07-18 09:52 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 放射能から身を守る食情報 All Rights Reserved.
自動積み立て預金を利用する