タケノコ 放射能 - 放射能から身を守る食情報

>>輸入食材の専門店<<

タケノコ 放射能

小学生がタケノコ掘り 東京都江戸川区

江戸川区立篠崎第五小学校(東京都江戸川区北篠崎)の6年生80人が15日、校内の竹林でタケノコ掘り行った。

 児童たちは教員らの指導で、軍手をはめ、スコップを持って挑戦。掘り出すとき、タケノコが途中で折れるなど悪戦苦闘したが、約10〜60センチの計40本を収穫できた。中身は16日の給食で、タケノコご飯として全校に振る舞われる。皮は6月、埼玉県小川町にある和紙の体験学習施設に行き、6年生の児童たちがその繊維を使って自分の卒業証書を作るという。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/130415/tky13041520460004-n1.htm

篠崎第5小付近の土壌汚染、江戸川河川敷約7,000㏃/kg→http://p.twipple.jp/bBI4l 篠崎公園約3,000㏃/kg前後。教育委員会はタケノコの放射能汚染地図の存在知っているかな?

http://p.twipple.jp/4p4PN

「放射能汚染食物乱用防止」→ タケノコの放射能汚染地図


ところで、タケノコは汚染されやすい食物として
有名ですね。アマダナウォーターサーバー

それは、多分、きのこと同様、汚染された土地の
放射能をスポンジのように吸いとってしまうからなのでしょう。

それをタケノコご飯として全校に振る舞うというのですから
驚きです。

よく父兄の方からクレームが来なかったですね。
タグキーワード
2013-04-28 08:28 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 放射能から身を守る食情報 All Rights Reserved.
自動積み立て預金を利用する