江戸川のうなぎから放射能 - 放射能から身を守る食情報

>>輸入食材の専門店<<

江戸川のうなぎから放射能

東京江戸川のうなぎから147・5ベクレルの放射性セシウムが検出されたそうです。

当然出るでしょうね。不思議でもなんでもありません。
今の時代関東以北の川魚を釣って食べること自体が間違ってます。
東北にはいい川があったんですけれどね。エピレ横浜本店
渓流ファンには残念でしょう。

ウナギから基準超セシウム 研究者通報、都県は調査せず

東京都と千葉県の県境を流れる江戸川で釣り人が取ったウナギから国の基準を超す放射性セシウムが検出されたとする研究者の調査結果について、3月末ごろ把握した都と千葉県が、独自調査や情報の公表を先送りしていたことがわかった。両都県は「漁業でなく流通しないので調査しなかった」と説明している。

 調査したのは近畿大の山崎秀夫教授(環境解析学)。東京都葛飾区で自営業女性(47)が3月9日に釣ったウナギから、国の基準値(1キロあたり100ベクレル)を上回る147・5ベクレルの放射性セシウムが検出された。ゲルマニウム半導体検出器で調べた。女性は、報道で江戸川下流にセシウムがたまっていると知り、山崎教授へ送ったという。

 公的調査の裏付けや、他の魚種への影響を調べる必要性を考えた山崎教授は3月末、水産庁へ通報。同庁は都と千葉県へ知らせたが、両都県は16日までに調査をしていない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130517-00000017-asahi-soci
タグキーワード
2013-05-18 08:03 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 放射能から身を守る食情報 All Rights Reserved.
自動積み立て預金を利用する